七夕の日は北海道が日本一高い気温の一日でした

今日は朝からとても暑い一日になりました、そんな中、今日は障害者の団体の、屋外レクの日でした、暑すぎたの出、参加予定の方でも来られない方もいるのではと思いましたが、そこは、何時も外へ出て、いろいろと社会参加している障害者たちこれくらいの暑さには、負けません、全員参加で、グリーンボールを行いました、グリンボールとは何かと検索するとキャベツばかりが出てくると思いますが、グリーンボールは、パークゴルフと、ゲートボールを合わせたようなもので、屋外競技です、始めたころには、既に30℃を超えていましたが、木陰では一休みしながら、水分を取って、熱中症対策もバッチリとして、9ホールを回り、午前中で、皆無事のところで、今日は、終了しました、その後、静しいレストランで、食事をして解散をしましたが、帰りに見た屋外の温度計は38度を超えていました。今日の日本の最高気温は、この時期には珍しく北海道の帯広周辺でした、明日も、明後日も厚いそうです、1週かっ前まで、ストーブを点けていたなんて信じられますか、20℃近く気温が高かったのです。http://www.proudcloud.co/

ジュリアーノ、カルミニョーラが大好きです

ラララくらっしくを見て、みやがわあきらさんが、髪の毛の内側だけを金髪に染めていて、もしかして、これって、顔が小さく見えるかもしれないと思い、真似してみたいと思いました。クラッシックって、とても気持ちよく聞きほれます。
以前、名曲探偵アマデウスというのがあって、よく見ていました。そこで、ジュリアーノ、カルミニョーラサンを知り、それ以来の大ファンです。かっこいいし、何よりも、ビばうrディの四季が素晴らしいです。個人的に、オーケストラちょりも、小さなオーケストラが好きで、スタイルも式なのです。
カルミニョーラの四季、特に、秋が素晴らしくて、何度も見返してしまうくらいです。あのくらい、ひけたらいいのですが、バイオリンを習っているお子さんでも、あそこまで弾けるようになるのは、高校生になってからです。それも、ずっと休まずに練習しないといけません、続けるのは、大変です。職業にしようと思わないと、続けられないそうです。5万借りる

超簡単!出汁用の昆布を、毎朝のお味噌汁に利用しています

毎朝、ごはん、目玉焼き、お味噌汁、果物などの朝食です。
朝は慌ただしいので、お味噌汁の準備は前の晩ご飯の時に済ませて置いて、翌朝温めなおしてお味噌を加える、という段取りにしています。
そのお味噌汁の具に、最後に出汁用の昆布を少しハサミで切って、入れてしまうのです(勿論、小さく切った昆布はそのまま一緒に食べてしまいます)。
一晩お鍋の中に浸しておけば、フコイダンなどの栄養分や出汁成分も溶け出て、効率が良いのです。
「昆布水」というものがちょっと前に健康飲料として、雑誌か何かに紹介されたような気がするのですが、それをなんとなく思い出して、この手抜きお味噌汁を作ることにしました。
手抜きは大好きなので、私としては大満足です。今のところ家族から苦情もないし。
きっと、家族の健康の役にも立っているはずなので、良いことしているに違いないです。
昆布について調べてみると、想像していたよりもたくさんの種類があって驚きました。
また、学生時代の美人の知人が昆布を扱う家業をしている家に嫁いだのですが、きっと今も、健康に良い昆布食事をして美しさを保っているのでしょうね。

TRPGの魅力について 対人でやる「ごっこ遊び」

TRPGというのはテーブルトークロールプレイングゲームの略称であり、コンピュータやゲーム機を使わずに、ルールブックと筆記用具、そして同じ卓=テーブルについた、他のプレイヤー達との会話や相談を用いて物語を続けていくものです。生まれた時代こそ今のコンピュータRPGよりもずっと前の事ですが今尚新たなシステム(コンピュータRPGにおける、ソフトに相当するものです)が開発され、新たなファンを増やしつつあります。

このゲームの魅力として、プレイヤーが1人のキャラクターを担当し、他のプレイヤーが持つキャラクターと会話をしたりしてそのキャラ性を表現する事がひとつあげられます。「ロールプレイング」=役割を演じる、と言いますが、例えば「剣士」という役割でも、「旅慣れない少年」と「ベテランの女騎士」では大きくキャラ性が異なります。コンピュータゲームの多くは事前にゲームシナリオによってそれが決められてしまいますが、TRPGではそれを自分で、そして会話の流れの中で決めていくことが出来るのです。

三重県で、オススメの美味しい飲食店を紹介したいと思います。

三重県で、オススメの美味しい飲食店を紹介したいと思います。
志摩市阿児町にある、東山物産(ひがしやまぶっさん)というお店は、炭火焼うなぎの美味しいお店です。
鵜方駅から徒歩5分ほどの場所にあるお店です。
こちらのお店でいただける、うなぎは、紀州備長炭で焼き上げるうなぎがいただけるお店で、
うなぎの表面は、パリッと香ばしく、中はふっくらしたうなぎで、美味しかったです。
また、少し甘めのタレと鰻との味の絡みが良く、ご飯が進み美味しかったです。
うな重は(上)は、大盛りは、2400円でした。その他、うな丼(並、1550円)や、
うな丼(中、1900円)、うな重(上、2300円)、うなぎ定食(2900円)、肝焼(450円)など
あり、席数も多く、ゆったりくつろげる雰囲気のお店で、グループでも、気軽に立ち寄れるお店だと思います。
お店の営業時間は、10時から19時30分頃までで、売り切れ次第終了のお店です。
また、定休日は、火曜日です。

九州の北部で昨日から大雨の被害が出ている

昨日と今日のニュースで、九州の北部の福岡県、大分県、熊本県、長崎県、佐賀県の大雨の被害を報じていました。昨日は台風3号が、日本列島を抜けて行ったので梅雨明けになるのかと思いましたが、西日本は梅雨前線が南下したため大雨が降り続いています。ただ私の住む地方では昨日は晴天でしたし、今日は雲が多いながら晴れています。
天気予報で、日本の南に熱帯性低気圧が発生しているのでそれが、日本列島に近づいて停滞している梅雨前線を刺激してさらに大雨が降るだろうと言っていました。毎年のように梅雨末期になると西日本のどこかの地区で大雨の被害が出てきます。大雨の被害のことを考えるのなら空梅雨がいいのでしょうが、水不足の心配が出て来ます。被害が出ないように降ってもらいたいですが、人が思うようにはいきません。梅雨末期に大雨の被害が出る地域では、なるべく被害が少なくなるように準備しておくことなのではないかと思います。
なお地球温暖化の影響があるのなら、地球温暖化を遅くするようにしなければならないのではないかと思います。

白いトウモロコシはなかなか折るのが大変です

ノリだって、はっと思うと、もう買えないのです。いかもさんまもです。いいものというのは、日本人も海外旅行に行ってわかっているはずです。人気が出ないはずがありません。パリと比べると、日本の高級お料理だって、お安いです。素材もきれいだし、品数は、ほかの国にはないのです。こうなると、帰ってからもいただきたいということになるでしょう。安全なのもいいのです。もっと、輸出できるはずです。
最近では、簡単だからでしょうか。リンゴも黄色リンゴ、トウモロコシまで白いトウモロコシです。味は、少したんぱくですが、安いです。ただし、気が付いたのは、胴体が太いです。かんたんにわれません。ゆでようと思って、半分にできなくて苦労しました。最後には、先端だけを折って、鍋に入れないといけませんでした。品種が違うのです。将来は、トウモロコシも、白くなっているのかもしれません。リンゴも赤あったのは何時頃までと懐かしく思ったりして。

最近のスマートフォンはかなり進化していますね

iPhoneやスマートフォンを利用している人口は年々増えてきていて私生活には欠かせない一部になってきている感じであります。

自分もスマートフォンを使っているのですが、4、5年前のモデルとなっているのでスペック的にも微妙な感じでありそろそろ機種変をしようかなと思っていたりします。

携帯ショップで最新機種を見たりするのですが、少し前のものと比べるとかなり性能が向上していて機能面も充実している感じとなっているので凄く使いやすそうなイメージがあります。友人からiPhoneシリーズをおすすめされていますが、Androidの操作に慣れてしまっているので、このままAndroidが搭載されているスマートフォンに機種変しようかなと思っています。

皆様の中で最新機種のスマートフォンを使っている方も多いかと思いますが、どこのメーカーのスマートフォンがおすすめとなっているでしょうか。貴重なアドバイスを是非お願いします。