昆虫食が理にかなっているというのは分かるけど…

先日、テレビの短い特集の中で、将来における昆虫食の可能性について知ることができました。
日本では、高齢化社会が進み、そして、出生率の低下や人口の減少という状況になっています。
でも、世界的に見れば、これから発展したり、衛生状態が改善されることによって、人口が増える地域は多いようです。
そのため、今後も地球全体の人口というのは、しばらく増え続けると言われています。
そこで、今後世界で問題になってくるのが、食糧の不足という事態です。
野菜や穀物に関しては、高効率で生産する方法なども開発されていますが、問題となってくるのは肉などの脂質やタンパク源です。
家畜の飼育には、時間と費用がかかるため、食材の不足や、それに伴う価格の高騰などが懸念されています。
テレビの番組では、そのピンチを救うのが、栄養価に優れ、そして飼育コストの少ない昆虫食だということでした。
確かになるほどなと感じる部分もあったのですが、それでも、昆虫食というのは、なかなかハードルの高さを思わせました。脱毛ラボ vio 処理